手紙と花束.

日々のなんでもないことこそが大切で。楽しかったことも、そうでなかったことも。30代兼業主婦の、他愛ない日々を綴ります。

昨日、旦那が鍋を作ってくれた。

 

こんばんは〜。つばめ.です。

今日はただただ、旦那が鍋を作ってくれた…って話です(笑)。


f:id:tsubame403:20190112234519j:image

この前から『もつ鍋食べたいな?ねえ、もつ鍋食べたくない?俺、作りたいな?土曜日に作っていい???』と一生懸命に訴えられていました。旦那、昨日は1日仕事に出ていたのですが、帰ってきてから晩御飯をこしらえてくれました。

 

旦那は、食べたいものがある時や気が向いた時に、ごはんを作ってくれます。1ヶ月に2、3回くらいだろうか。ものすごくありがたいです。

 

旦那、30半ば。ガンプラが小さい頃から大好き。作ってる時がいちばん落ち着くらしいです。手先が器用で、家庭科の授業でシャツを作る、というのがあったそうなんですが(難易度高いな!?)、誰よりも一番先に出来上がってしまったり。

 

料理は結婚してから作るようになったそうですが、ちゃんとやれば私より上手くなると思います(そもそも、私は料理がそんなに好きではないし得意でもない)。

 

母親の作ってくれる料理も美味しかったし、特別だったと思うけど、旦那が作ってくれて、一緒に食べるご飯は

私にとって最も、特別なような気がしています。

 

ちなみにもつ鍋、スープが市販なのでちゃんと美味しかったです。(野菜切って鍋に入れるだけだけど、それでももちろん、ありがたいのだ)

 

ではでは、おやすみなさい。