手紙と花束.

日々のなんでもないことこそが大切で。楽しかったことも、そうでなかったことも。30代兼業主婦の、他愛ない日々を綴ります。

思考がとっ散らかったり、物忘れが頻発してストラテラを飲んだ話。

 

先週の話になるのだけど、久しぶりにストラテラを飲んだ。……と言っても、3週間くらいぶりに、である。

 

心療内科に10年前からお世話になっております。。

―実は、私は20歳の頃、鬱の症状が出ており、学生生活と就職活動に支障が出ていた(友達にもものすごく迷惑をかけていた。このことについては今も立ち直れていない。一生背負っていくと思う)。心療内科に通い始めたのは卒業してからだが、学生の頃は外部から来ていたらしい、スクールカウンセラーに相談していた(私の様子が変なのを見かねて、友人が紹介してくれた)。

そんなこんなで、心療内科に通って10年以上になる。今や最低限の薬しか飲んでいない。ここまで来るのに長かった。本当に長かった。でもまだしばらく、付き合っていかないといけないんだろうな…。

 

現在の状況と、先週1週間の私の様子

現在、その最低限の薬からも徐々に離れて行くべく、毎日は服用していない。先生の許可をちゃんと得て、の上だ(勝手にやめるのは危険すぎる)。年齢も年齢なので、子どもも授かれるのであれば授かりたい。ストラテラは、大人に処方するようになったのは最近のことらしい。お腹の中の子どもにどんな影響があるのか、分からない。先月の7月に関しては、中旬頃、最悪に具合が悪かった(気持ちがものすごく沈み、落ち込んでいたことも含めている)ので、その時に1日だけ服用している。

 

しかし、先週1週間は、「具合が悪い」と言うより、「何かがおかしかった」。

何がおかしいのか、自分でもよく分からなかいけれど、違和感がずっと、あった。「なんかおかしい…なんかおかしい…(でもなにが……!?)」という。

 

ほとんど誰も見ていないSNSで、つぶやきまくり、また別のSNSで、長々とネガティブな内容の文章を書く。

独り言をどこでも構わず言う。

夫に一方的に喋る量が増える。

 

とにかく、「(自分の中が)落ち着かなかった」。でも、この時点では、自分の中がどういう状態なのか、私は気づいていない。

 

この、「何かよく分からないけどおかしい」状態が決定的になった、

私の中がどういう状態なのか、気づいたのは先週の金曜日である。

 

「あっ、やっぱり私、ちょっとおかしい…」と気づいた瞬間

夕方、開けていた窓を閉め、ドアに鍵をかけ、外出した。が、すぐに「あれ、私窓閉めたっけ?」

「あれ??鍵かけてきたっけ……」と、引き返すことになる。窓は、外から見れば閉まっているのが分かったが、鍵は確かめないと分からない。

 

ここで、ハッとした。

「今の私のこの状態、数年前にストラテラを処方された時の状態と同じだ」と、気づいたのだ。

その、「数年前」は、もっとひどい状態だった。どういう状態だったか、詳しく思い出すのが難しいので(数年前のことなので思い出すのが難しいというのもあるが、当時もしっちゃかめっちゃかに思考がとっ散らかっており、その状態を今思い出そうとしても、とっ散らかってしまうのだ……)今は割愛させてもらうが、いわゆる窓や鍵の閉め忘れなどの「確認グセ」が出てきていたので、自分でも判断するのには十分だった。

 

何がきっかけになったのか、原因は…など、一応心当たりはあるが、確信が持てないし、とにかくこれは「ストラテラを服用しないといけない状態だ…」と思ったため、その夜に服用した。

 

ストラテラを服用して変化を見てみる。

次の日、土曜日。「私の中」はすごく落ち着いていて、分かりやすく表すならば、「静かだった」。でも、頭がキーンとするというか、ぼーっとするというか…午前中はほぼ、動けなかった。

 

日曜日は外出の予定があったため、動けないと困るし、土曜の夜は服用せず。その後、自分の状態に少し不安が残っていたので、日曜日、月曜日とまた服用。すると、変化があり、ちょっとしたことで怒りっぽくなった。夫にこんなことで怒るの、嫌だなと思ったので、それから後は服用していない。けれど、現在はわりと落ち着いていている(と思われる)。少なくとも、誰も見てないSNSでつぶやきまくることはしていない。旦那にもつらつらと、数分間喋り続ける…みたいなこともしていない。独り言も無い。

 

私が服用しているのは、ストラテラでも一番低量らしい、25mgである。それでも、結構効き目が見られるので、私にはよく効くようだ。

 

自分が思う普通にはまだ遠いけれど……

今回、数日服用して、「せっかく飲まない期間も長くなって、赤ちゃん(を授かること)に1歩近づけたと思ったのに…」と、少なくとも落ち込んだ。ただ、薬から完全に離れるのは難しくて、人間だから体調の波、気分の波があるのは当然のことで、離れたり、また頼りにしたり、と、少しずつ服用の間隔をあけながら離れていくのが正解(←この表現が正しいのか分からないが、間違ってはないと思うの……)だと思うので、落ち込んだけど、まぁまた飲まない期間を積み重ねていけばいいだけさ、と自分に言い聞かせ、割とすぐに気持ちの体制を立て直した。

 

と、長くなりましたが、自分用の記録も兼ねて、書いてみた。心療内科に通って長く、そして毎日のこととなると、忘れてしまってることがやっぱり多くて、こうしてブログに書くことで、記録していけたらいいよな、というのも、ブログを始めたきっかけのひとつだったりします。ブログを通して、自分と向き合って、より生きやすく、「普通」に(近付けるように)毎日を送れたらいいなぁ、と思っています。これからも頑張ります。

 

追記:はてなキーワードの「ストラテラ」に飛んでいったら「5mg」があると記述が…(子ども用なのかな…??)うう、分からない。この辺はまた自分でも調べてみます。